二次会景品選びのコツ

景品は豪華なものやゲストが欲しいと思うようなものを選べればベストですが、予算の関係上なかなかそうはいきません。会場費や景品の予算内でいかにゲストに喜んでもらえる、盛り上がる景品を選ぶかが重要なポイントです。そこで、二次会の景品は特賞は思い切り豪華に、参加賞はショボいと言われない程度の景品を選びメリハリをつけるといいでしょう。テーマパークのペアチケット、ホテルのディナー券、高級食材が選べるカタログなどの豪華な景品から、笑いが取れるものもスパイス的に入れてみたり、お菓子の詰め合わせなど軽くて見た目が可愛いものなど、幅広く準備するのがおすすめです。

しかし、予算が厳しい場合は特賞ともいえるメインの景品だけを豪華にして、他の景品は参加賞として割り切るのも一つの方法ですし、逆にメイン景品を設定せずに多くのゲストに景品が行き渡るようにする方法もあります。景品をどう選ぶかは予算や二次会の開始時間、二次会参加ゲストの構成、年齢なども考慮して考える必要があります。

二次会の景品を購入するのに便利なのがネットショップです。リアル店舗を何軒も回って購入するのはかなりの労力が必要です。ネットショップならまとめ買いでコストを抑えられたり、重い景品を自宅へ届けてもらうことができます。

二次会ゲームのルール

二次会で定番のゲームはやはりビンゴゲームです。ビンゴゲームは年齢を問わず誰でも気軽に参加できて、ルールが簡単で盛り上がることから、さまざまなイベントで企画されています。このビンゴですが、ビンゴした順に好きな景品をもらっていく方法だと、後半が盛り上がらなくなってしまいます。そこでビンゴした人はクジなどを引いてもらい、当たった景品をもらえるというルールにすると、最後までゲストに楽しんでもらうことができます。

ビンゴカードを自分で手作りするのもおすすめです。ネットからカードをダウンロードしプリントアウトすれば簡単です。人気の「名前でビンゴ」もゲスト同士の交流を深めてもらうきっかけになるでしょう。もらえる景品名は伏せておき、景品のキャッチコピーから景品を推測して選んでもらうのも楽しいです。

またビンゴのルールでは、新郎新婦への質問の答えが当選番号になるビンゴも人気です。例えば、「プロポーズの日は?」の質問の答えが「10月1日」だったら、当選番号が10と1になるという感じです。新郎新婦のエピソードがほのぼのと伝わる質問をいろいろ用意しておくと、マンネリ化しやすいビンゴが盛り上がること間違い無しです。

二次会に最適な景品

厳かな結婚式、結婚披露宴の後は、気心知れた仲間と二次会で思いっきりお祝いしたいものです。その際メインとなるのは二次会の景品としてゲストに渡すプレゼントでしょう。これは新郎新婦を始め、幹事になった友人も頭を悩ませるところです。実は二次会が盛り上がる景品選びにはちょっとしたコツがあります。このポイントさえ抑えておけば、「参加してよかった!」と言ってもらえる二次会になること間違いありません。

では、二次会が盛り上がる景品はどんな景品なのか、最近の傾向をみてみましょう。定番とも言えますが、やはりもらって嬉しいのはテーマパークのチケットです。新郎新婦から幸せのおすそ分けという意味合いも含めて、ペアにすることがポイントです。高額になりますから特賞の景品としておすすめです。また普段なかなか行くことのできないホテルのディナー券、宿泊券、高級食材やスイーツ、ビール半年分などを自宅に送付するなど、メインにする景品をいかに選ぶかによって盛り上がり方が違ってきます。

二次会で行われるゲームでは、やはり景品があると盛り上がります。ゲストの年齢や男女差がある場合はカタログギフトも喜ばれます。今はさまざまなカタログギフトがありますので、新郎新婦、二次会幹事の方との相談もしやすいでしょう。当サイトでは二次会が盛り上がる景品、ゲストに喜んでもらえる景品、景品選びのコツ、二次会で盛り上がるゲームのルールなどをご紹介します。